パナソニックのパワーコンディショナーの特徴

パナソニックのパワーコンディショナーの特徴として、この装置だけの専門メーカではなく太陽光発電システム全体のメーカーであることが挙げられます。

各装置の専門メーカーの製品であれば他社の装置と組み合わせられますが、相性があるためスペック通りの性能が保証されません。

しかし、システム全体を1つのメーカーで導入すればこの問題を気にしなくて良いので期待できる発電性能を把握しやすくなり、故障の際に組み合わせで保証から外される恐れもないので安心です。

パナソニックのパワーコンディショナーにはマルチストリング型と集中型があります。



マルチストリング型は複数の入力回路を持っているので各面に独立した回路を使用することで日照の悪い面の影響で全体の出力の低下を防げ、昇圧回路のある接続箱も備わっているので追加の費用が不要なのが特徴です。



集中型では入力回路が1つしかないので複数の入力にするときは接続箱や昇圧回路の費用がかかってしまいますが変換効率は高くなり、多数台連系もできます。



設置する屋根の状態に適したタイプを選びましょう。新築で太陽光発電の導入を検討している場合、パナソニックはパワーコンディショナーなどの装置を扱っているだけでなく住宅メーカーであるパナホームも傘下にあることが強みになります。住宅そのものを太陽光発電に適した構造にできるので長期的なサポートを受けられ、高い付加価値を持たせられるのでこのメーカーの利用を検討すると良いでしょう。