「パワコン」と言えばオムロン

環境問題への関心が高まる中、自然環境に考慮した発電システムの開発も多数行われています。

特に今注目を集めているのが「パワーコンディショナー(パワコン)」で、会社内で使用するような大型機から各家庭でも利用されるような小型なものまで様々です。

パワコンは太陽光発電や家庭用燃料電池で発電した電気を家庭で使用できるものに変換する機器で、直流電流を交流電流に変換するコンバーターです。
日本国内でもパワコンを開発している企業は色々ありますが、「オムロン」は太陽光発電用のパワコンを一般家庭用から産業用まで幅広いラインアップを揃えており、人気があります。変換した電気はそのまま会社や家庭で使用したり、電力会社に売電することができます。



センシング&コントロール技術を用いた産業向けの制御機器やヘルスケア製品などを提供しているオムロンですが、それらの技術をもって開発したのが太陽光発電システム用パワーコンディショナの「KPシリーズ」です。オムロンのKPシステムは大きく分けると4つに分類できます。



まず、オムロンのKPシステムの知名度を広めた「形KP□Kシリーズ」です。


太陽光発電が注目され始めた当初に開発されたもので、屋内に設置するタイプのものです。



その他、様々な導入ケースに対応できるマルチ入力タイプの「形KP□Rシリーズ」、過積載対応の「形KP□Mシリーズ」、低圧から高圧まで幅広い電圧に対応した「形KPTシリーズ」があります。