パナソニックのパワーコンディショナー

近年、一般家庭等にも普及してきた太陽光発電を行うには、実際に電気を生み出すソーラーパネルだけでなく、その他にも色々な機器が必要となります。
その中でもパワーコンディショナーは、発電システムに必要不可欠な機器です。

国内の大手電機メーカー、例えばパナソニック等が販売しています。


この機器は、ソーラーパネルで発電した直流の電気を家庭用の交流の電気へ変換したり、出力を安定させる等の機能を備えています。



なので、これが壊れてしまうと発電が出来なくなってしまいます。



この機器は、屋内に設置するだけでなく、屋外にも設置が可能なため、厳しい環境にもなる自然を相手にする太陽光発電では、耐久性が必要になってきます。

一般的にソーラーパネルは故障しなければ、20~30年程は使えると言われていますが、パワーコンディショナーの寿命はそれよりも短く、内部の回路に使われている電子部品の耐久性等から10年ぐらい、長くても15年ぐらいまでと言われています。

その年数に至るまでに故障する確率も高いので、突然、発電量が減ってくることもなきにしもあらずです。



パワーコンディショナーは必要不可欠でかつ高価ゆえに長くもたせたいものです。

そういうこともあってかメーカーの間では、保障期間をこれまでの10年から15年へと変える動きがあります。
パナソニックのパワーコンディショナーも15年保証になっています。

ちなみにパナソニックのソーラーパネルは、25年保証となっています。