パワーコンディショナーは設置場所に注意する

パワーコンディショナーは設置場所によって売電効率に影響が出る装置であるため、適切な場所を選ばなければなりません。

室内用の製品であればできるだけ配電盤の近くにするのが基本です。



パワーコンディショナーと配電盤を繋ぐケーブルが長くなると、それを通ったときに発生する電気のロスが増えてしまうので売電量が低下します。
また、抵抗が大きくなるため電圧が上昇してしまい、電圧抑制で出力を停止しやすくなるのを防ぐためです。

一般的な住宅の構造では配電盤の近くは洗面所などで設置スペースの確保が難しく、他の場所にしたことでケーブルが長くなり、電圧抑制が起きやすくなるのであれば太いものにすると抵抗を下げられます。


また、日中に人がいないところを選んだ方が良いです。大きい音ではありませんが稼動中は騒音が発生しているので神経質な人にはストレスになります。

適切な場所がなければ屋外用のパワーコンディショナーも検討しましょう。

パワーコンディショナーは精密機械なので高温が弱点ですが、稼働によって熱が発生するので排熱の必要があるため、通気性の悪いところも避けなければなりません。



通風孔の前に物を置いたり、雑草などで塞がれたりしないように注意します。

また、屋外用のものであれば直射日光で温度が上昇してしまうので日陰になる場所が適切です。

温度が上がり過ぎるとパワーコンディショナーを保護するために動作を停止してしまうので売電効率が悪くなります。